ぱぱデビューforty

papadebut.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 19日 ( 3 )

ドイツ子連れ旅行~ベビー事情。

こんばんは、美人秘書です!

ドイツは非常に紙製品が高く、質も悪いです。
テッシュ、ノート、本などなど。
テッシュに関しては、日本人には考えられないと思うのですが、一枚のテッシュを何度も使います。もちろん、日本みたいなペラペラの物ではないので、何度か鼻をかむのは可能です。何度か鼻かんだテッシュがポケットに入ったままです(笑)ドイツだけなく、ヨーロッパでは普通です。

ベビー用品は、関税が安いのでオムツ、おしり拭きはそんなに高くはありません。
ドイツのママ達は、テープタイプのオムツを好むので、パンツタイプの数は少なく、割高です。ドイツのベビーは、ちゃんとネンネされた状態で、オムツを替えるんです。良い子ですねぇ♪ほま社長は、ネンネでオムツなんて・・・逃げる逃げる・・・

d0171082_18464777.jpg

日本のオムツと違う点なんですが、ものすごく圧縮されているんです。なので、持ち運びは便利です!

水筒は、日本の物が断然すぐれてます!
日本のストロータイプの水筒は、簡単に飲めるのですが、ドイツのはちょっと肺活量が必要です。社長も初めはたいへんそうでしたが、途中からは慣れてちゃんと飲めるようになってはいましたが・・・日本の技術万歳!


子供を遊ばせる公園なのですが、砂場に行けば割と簡単に色んな事が判ります。
砂場がたばこだらけだとNGです。「大人が多く利用している。これって、どんな所に使われてるのかなぁ?」ちょっと想像出来てしまいます。ゴミが無い所、これが一番です。子供が遊んでいる公園。もちろん、親と一緒ですが、それは安全って事を意味します。清潔で、人が集まる公園それが、ドイツで安全に子供と親が遊べる所だと思います。


入浴については、ドイツは硬水なんで、ベビーは毎日入浴は禁止です。ベビーには硬水は良くないそうです。
色んな人に聞いてみると、2日に一回、3日に一回・・・お風呂嫌いの家では一週間に一回--;
社長とドイツの小児科に行って相談してみると、3日に一回が理想だと。社長はお風呂好きだし短期滞在の旨を話すと、体を洗うのは2日に一回で、それ以外は泡ぶろにして浸かっているだけにとの事でした。
゛Badetag(お風呂の日)" "ein mal Waschen(一回で洗う)"なんて言葉があるのですが、、、ドイツ人ってほんとお風呂の回数日本人と比べて少ないんですよねぇ~。水が高いって事も原因だと思うのですが、、、日本人の私からすると信じられない~~~って感じです(笑)
[PR]
by mittyhomaru0209 | 2011-09-19 18:51 | 自然・風景・旅行

子連れドイツ旅行~現地のお食事編。

こんにちは、美人秘書です!

今回の旅行で案外困らなかった事、それは食事です。
ほ丸社長が、パンが好きだった事が一番大きいです。現地で色んなパンに挑戦しました(笑)

d0171082_181084.jpg

ケシの実のパンを試食中の社長♪

d0171082_17504562.jpg
d0171082_17505859.jpg

パン屋で朝食中!

現地の牛乳なんですが、色々種類があります。
日本では、考えられないほどの賞味期限です(笑)冷蔵庫に入っているタイプの賞味期限の短い牛乳が私のお勧めです。
写真にある牛乳はストロー付きの物で、500mlあります。こんなの持ってはあるけません、そこでマクドナルドの牛乳です。これは250mlで、キャップがついているので持ち運べが便利。お散歩にも手軽に持っていけます♪
d0171082_1755123.jpg

ちなにもこの牛乳は、“Bio-Milch"で、社長は下痢はしないタイプのものです。

食事は基本的には、自炊でした。
折角の旅行で、自炊だけってものつまらないですよねぇ~。朝食かランチをカフェでと、一日一回、社長の様子をみて外食させてもらいました!レストランは、ニュルンベルクで友達と入った一度だけです~、残念だけど、仕方ないですよねぇ~~~。でも自炊も楽しみがあります!

日本食には醤油は欠かせません!
現地のスーパーで小さなものですが、キッコウマンの物が購入可能です。社長も、現地で肉じゃがを楽しみました。
自炊は基本和食なだったのですが、パスタなども食事に取り入れました。
ヨーロッパは乳製品が安いので、クリームソースを大満足で食べてくれました♪

お魚は、ろくな物はありません。ドイツ人もお魚大好きなのに・・・社長お魚大好きなのに・・・
ドイツ人の多くは、レストランで食べるか、家庭では冷凍された物を食べるのがほとんどです。もちろん市場に行けばありますが、オランダのように新鮮な物かはかなり疑いがあります・・・
どんな魚が一般的かと言うと、Der Zander(淡水魚,ホタルジャコって辞書にあります)・Die Forelle(マス)
Seelachs/Lachs(鮭)なんかが、どこにもあります。
今回、私はスモークサーモン、エビ、エビ蒲鉾を利用しました。お味噌汁、パスタ、焼き飯に利用しました。
d0171082_1893682.jpg

エビのすり身です(笑) カニカマはわりとヨーロッパのスーパー何処でも見かけるのですが、エビ蒲は初めてみたので、買ってみてトライしました♪美味しかったですよ~♪

d0171082_18124967.jpg

野菜も、スーパーでは新鮮と言える物がありません・・・農場の市場でなるべくお野菜を買いました。キロ売りでもないので、少量が買えます。新鮮で安くって、ほんと良かったです♪
[PR]
by mittyhomaru0209 | 2011-09-19 18:15 | 子育て

ドイツ子連れ旅行~準備編。

こんにちは、美人秘書です。

今回の旅行、行く前はほんと不安でした。
まずは、準備です。飛行機は、今回の旅行前に2往復ほど国内線を利用しているので、不安はなかったのですが、長距離に不安がありました。「機内で泣き叫んだらどうしよう」、「色々大丈夫かなぁ?」・・・
現地では、アパートを借りたので自炊が可能なので、食事そんなに心配していませんでしたが・・・ほ丸社長はまず小食で何でも食べる訳でもないので・・・機内での食事が心配でした。


機内(長距離便)の対策として

①食事
お弁当(手掴みで食べやすい物)、カップメン
d0171082_1735190.jpg

インスタント食品にはかなり抵抗があるのですが・・・生めんタイプなので、食べてくれる事を優先に考えました。手荷物としてはかなりかさばります。なんでも食べるお子さんには必要ないと思います。
何でも食べる子供ならば、バナナが一番。残ったら必ず機内で捨てないと、犬に追い回されますよ~(笑)

②玩具
シールブック、幼児雑誌、お気に入りの玩具、新しい玩具、本、携帯に動画
d0171082_1712787.jpg

シールブックはほんと助かりました。
帰りの事も、考慮してえおもちゃは小出しか、現地で新し玩具を調達するのが良いです。
お友達に薦められて、携帯に電車や飛行機の動画をたくさん撮りこんでおきました。大正解!!!これで泣きやみました♪
私は、現地でマグネットブックと新しい本を購入しました。ただ、うちの社長の場合は、帰りは寝てくれたので玩具はそんなに必要ではなかってです。
d0171082_17252542.jpg


現地での食事対策

味噌、みりん、乾燥野菜、幼児向けのレトルト食品、レンジでチン出来るごはん、保冷バック

味噌は、インスタント用の物で一食分になっている物を持って行きました。
みりん、ドイツでは日本食を取り扱っている店なら買えますが、買いに行くのめんどくさいので持参。
乾燥野菜は、ドイツのスーパーの野菜は新鮮ではありません。根菜類は特に問題ないのですが、葉っぱ物が・・・味噌汁の具にもなるので便利です。
現地で一泊旅行を計画していたので、その時の対策用として、レンジでチン出来るごはんと、幼児向けレトルト食品を利用しました。普段利用した事がないので、食べるか不安でしたが・・・3点ほど持参し1点は嫌がりました。味見をお家でしてくると良いと思います!
保冷バックは、お出かけ用です。お弁当や牛乳を持って歩くのに便利。ドイツの保冷バックって恐ろしくデカイものばかりで、、、暑い日が数日あったので持って行って良かったです。

その他持ち物:
割り箸、エコバック、ビニール、オムツ(2日分)、おしり拭き、水筒など・・・
エコバックはドイツでも買えます、私は100均で買って持って行きました。可愛いのがいっぱいあるし、お土産にもなります。逆にドイツのエコバックもお土産に欲しい~~~って言われる方もいるので、喜ばれるのでは???

こんな訳で、私の鞄は重かった~~~;_;
スーツケース 22キロ、手荷物 9キロ、社長 9キロ!行きは、空港からアパート迄一人で行ったので、腰が抜けるかと思いました(笑)
[PR]
by mittyhomaru0209 | 2011-09-19 17:32 | 子育て