ぱぱデビューforty

papadebut.exblog.jp
ブログトップ

ドイツ子連れ旅行~準備編。

こんにちは、美人秘書です。

今回の旅行、行く前はほんと不安でした。
まずは、準備です。飛行機は、今回の旅行前に2往復ほど国内線を利用しているので、不安はなかったのですが、長距離に不安がありました。「機内で泣き叫んだらどうしよう」、「色々大丈夫かなぁ?」・・・
現地では、アパートを借りたので自炊が可能なので、食事そんなに心配していませんでしたが・・・ほ丸社長はまず小食で何でも食べる訳でもないので・・・機内での食事が心配でした。


機内(長距離便)の対策として

①食事
お弁当(手掴みで食べやすい物)、カップメン
d0171082_1735190.jpg

インスタント食品にはかなり抵抗があるのですが・・・生めんタイプなので、食べてくれる事を優先に考えました。手荷物としてはかなりかさばります。なんでも食べるお子さんには必要ないと思います。
何でも食べる子供ならば、バナナが一番。残ったら必ず機内で捨てないと、犬に追い回されますよ~(笑)

②玩具
シールブック、幼児雑誌、お気に入りの玩具、新しい玩具、本、携帯に動画
d0171082_1712787.jpg

シールブックはほんと助かりました。
帰りの事も、考慮してえおもちゃは小出しか、現地で新し玩具を調達するのが良いです。
お友達に薦められて、携帯に電車や飛行機の動画をたくさん撮りこんでおきました。大正解!!!これで泣きやみました♪
私は、現地でマグネットブックと新しい本を購入しました。ただ、うちの社長の場合は、帰りは寝てくれたので玩具はそんなに必要ではなかってです。
d0171082_17252542.jpg


現地での食事対策

味噌、みりん、乾燥野菜、幼児向けのレトルト食品、レンジでチン出来るごはん、保冷バック

味噌は、インスタント用の物で一食分になっている物を持って行きました。
みりん、ドイツでは日本食を取り扱っている店なら買えますが、買いに行くのめんどくさいので持参。
乾燥野菜は、ドイツのスーパーの野菜は新鮮ではありません。根菜類は特に問題ないのですが、葉っぱ物が・・・味噌汁の具にもなるので便利です。
現地で一泊旅行を計画していたので、その時の対策用として、レンジでチン出来るごはんと、幼児向けレトルト食品を利用しました。普段利用した事がないので、食べるか不安でしたが・・・3点ほど持参し1点は嫌がりました。味見をお家でしてくると良いと思います!
保冷バックは、お出かけ用です。お弁当や牛乳を持って歩くのに便利。ドイツの保冷バックって恐ろしくデカイものばかりで、、、暑い日が数日あったので持って行って良かったです。

その他持ち物:
割り箸、エコバック、ビニール、オムツ(2日分)、おしり拭き、水筒など・・・
エコバックはドイツでも買えます、私は100均で買って持って行きました。可愛いのがいっぱいあるし、お土産にもなります。逆にドイツのエコバックもお土産に欲しい~~~って言われる方もいるので、喜ばれるのでは???

こんな訳で、私の鞄は重かった~~~;_;
スーツケース 22キロ、手荷物 9キロ、社長 9キロ!行きは、空港からアパート迄一人で行ったので、腰が抜けるかと思いました(笑)
[PR]
by mittyhomaru0209 | 2011-09-19 17:32 | 子育て